文房具・オフィス用品・事務用品・OA用品・事務機器等の通販サイト【ぶん・ぱる】
\5,000円以上お買い上げで、送料無料!!
 

穴あけパンチといったら【カール事務器】

カール事務器と言えば、我々文具業界の人には有名メーカーですが、一般的にはどうなのでしょう?
思い込みかもしれませんが、あまりなじみの無い方も多いと思うのですが、これは思い込みでしょうか?
主に裁断機やパンチを作っているメーカーで、同商品では業界トップクラスです。
それでも、なんとなく玄人的な、且つ良い意味でシブいメーカーと言ったイメージです。
今回は、そんな【カール事務器】のパンチについて紹介していきたいと思います。
…そう言えばこの会社、本社所在地が東京都葛飾区です。
葛飾区と言えば、【ぶん・ぱる】の実店舗のある非常に馴染みの深いところ。
そんな所も今回の取り上げ理由だったりします。

【カール事務器】の歴史

【カール事務器】の歴史は思いのほか古く、1929年(昭和4年)とのこと。
社名は「三万堂製作所」と言ったそうです。
この時代からある、事務機器メーカーさん達の例に漏れず、戦時中は軍需品の製造をやっていたようです。
これがまた、帝国海軍通信機器ということですから、もうこの時点である特定のご趣味をお持ちの方は痺れてしまいます。
戦後また、文具・雑貨の製造元となるのですが、現在の玄人じみた質実剛健な感じはこの頃から引き継いでいるのでしょう。。。たぶんです。

【カール事務器】名前って???

かつて西ヨーロッパ世界を征服し、混乱した世の中を安定させたカール大帝。一大帝国を作り出しました。
その『カール』の名を冠すことで、全世界に通用する…いやいや世界No.1の事務器を世に送り出す。。。そんな感じの話を聞いたことがあります。
でも、【カール事務器】の英名表記は『CARL』です。カール大帝は『KARL』。
この一文字違いにするところなども、粋な日本人の「奥ゆかしさ」というか、「男らしさ」を感じてなりません。

【カール事務器】の穴あけパンチ。

そんな【カール事務器】の商品紹介ですが、あれこれ迷うところですが、やっぱり大道の大型パンチを紹介したいと思います。

【カール事務器】強力パンチ No.122

商品ページはこちら。
  • カール事務器 No.122

  • 穴開けてる感、サイコー!!

    この重厚な佇まい。。。以前のモデルはちょっとおもちゃっぽい風情でしたが、本モデルは何ともメカニカル。
    そして見た目以上の穿孔能力!!

    サクーっとハンドルを伝って手に感じる穿孔感!
    たまりません。意味なくもう一回やりたくなる感じ。
    『今、紙切ってます感』が凄いのです。

    穴開けした紙の断面を見れば、ほら!

    『美しすぎる。。。』

    穴から見える景色は、それはもう『ローマ。。。』…な訳ではありませんが、経済面や、機能面を含めて世界に君臨する一品であることは、間違い無し。。。と個人的にはそう思えてなりません。

    皆様も機会があれば、是非お試しいただきたいと思います。

    次回は。。。

    次回は同じく事務器メーカーの【マックス】の商品紹介を予定しています。

    ※ご注意(必ずお読みください。)
    本内容は、当サイト管理人が感じたことを、思うままに記載しております。
    商品の性能や、品質を科学的根拠に基づき説明、推奨しているものではございません。
    また、本コラムは、該当メーカー様の意思とは無関係に記載をしております。
    以上の点をご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

    ページトップへ